フレッツ光の転用についての注意点

最近注目されていることに、ドコモ光やau光などのフレッツ光回線を利用した新しいサービスが出てきています。

これらにフレッツ光から乗り換えることを『転用』といいます。

具体的により厳密に転用について説明すると、
フレッツ光を利用している人が「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのまま、光コラボレーション事業者がご提供するサービスに切り替えることを「転 用」といいます。

この転用をする上で注意することがいくつかあります。
一つ目の注意点としては、
一度フレッツ光から光コラボレーション事業者に転用すると
再びフレッツ光に戻ってくることができないということです。

ということは、もしなにかその光コラボレーション事業者に不満があったとしても再びフレッツ光に戻ってこれないということになります。

もう一つの注意点としては、これも似たようなものなんですが、
いちどほかの光コラボレーション事業者に転用すると
さらに他の光コラボレーション事業者にしたいと思った場合「ひかり電話番号」は変わってしまうということになるんです。

ですから、これからフレッツ光を転用しようとしている人は
以上のことを覚えているといいでしょう。